~ カラオケ音痴の方からプロを目指す方まで ~ 歌声作り職人 ~  

           ~ この一点ができさえすれば歌はみごとに変わるのて゜すが ~             

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【美空ひばりさん】        【ちあきなおみさん】          その歌の神秘性と        幻の母音返し      





        声の良さ・歌のうまさを遥かに越えて、その神秘性までをも表現できたのは

        美空ひばりさんをはじめ、ちあきなおみさん、越路吹雪さんなどほんの一握りの方しかいないように思います。





**************************************************************************




        日本の言葉は本当に美しい響きを秘めています。

        その言葉で綴られた昭和の歌の美しい詩情、豊かな情感。
        
        それを、まさに 〔一篇の小説〕 〔一篇のドラマ〕 として表現した 美空ひばりさん。 ちあきなおみさん。

        その・・・神秘なる・・・歌声の・・・深い深い綾はどのように生み出されているのでしょうか?





**************************************************************************




        ひばりさんの声 ・ ひばりさんの歌には・・・

        ちあきさんの声 ・ その歌には・・・

        あれほどの表現をしているにもかかわらず、どこにも無理がありません。

        たったこれだけのこと・・・・・。 でも、これが、歌のすべてではないでしょうか。

        表現するということは、そこに無理があっては描写が不自然になってしまいます。

        心に沁みる歌に共通するのは、情景を、無理なく自然に表現できることにあります。





**************************************************************************




        情景を無理なく自然に表現できる・・・・・ということは

        イメージしたその声を・・・その通りに・・・的確に出せる・・・ ということに他なりません。

        それこそが、歌声の深い深い綾を生み出すお二人ならではの奥深い秘儀。




        ひばりさんも、ちあきなおみさんも、どんなジャンルの歌でも唄いこなせる天性の歌い手さんだと思います。

        この・・・どんなジャンルの歌でも唄いこなせる・・・というのは凄いことです。

        お二人の歌をじっくり聴いてみると良くわかるのですが

        世界でもこれほどの歌い手さんはそう多くはいないのではと思わされます。

        日本の言葉ならではのしみじみとした情感が心に迫ってきます。

        日本の素晴らしい芸術と言っても過言ではないと思っています。

        素質に恵まれていたとは言え

        陰でどれほどの努力を重ねていたのかは全てあの数々の歌に現れています。




        ジャンルを越えてしまうと唄えないのが普通の歌い手さんです。

        ジャンルが変われば、詩のイメージも表現方法もガラリと変わってしまいます。

        当然ながら、声の出し方から情景描写までもが全く違ってきます。

        その様々な詩を、変幻自在に歌いこなすには格段に高度な歌唱技術が不可欠です。




        歌は “こころ“ です。 深い理解力が必要です。 言うまでもありません。

        心で唄う。 心を唄う。 こんなに難しいことはありません。

        では、その心を・・・歌に秘められた心を・・・どのように表現したら良いのでしょう。

        知りたいのはそこのところではないでしょうか?




        ひばりさんや、ちあきなおみさんの、その歌唱技術からは日本語の歌のすべてを学ぶことができます。

        お二人に共通した・・・感動を生み出す歌唱法の源とは・・・。

        心を込めて感動を伝える・・・その高度な歌唱技術の源となっているものとは・・・。





**************************************************************************




        その源にあるもの。 その秘密は・・・・・



        的確な 【 母音返し 】 と イメージを歌声に反映させる 【 引き音 】 です。


        これは 【 幻の・・・母音返し 】 と 言われるほどの神秘的で高度な歌唱技法。

        変幻自在な綾なす抑揚・余韻  それを 生み出す 【 引き音 】



        この技法の絶妙なタイミングにより生み出される歌声の深い深い綾。



        これは、日本語を的確に唄うために古来から伝承されてきた技法。

        知る人のみが知るその知識と発声技法の習得方法。 

        稀なる才能を持つ人だけが、血の滲むような努力の中でのみ掴み取れる謎の技法。




        歌をドラマに変える声の源は、まさにここにあるのです。

        それは、生易しい世界であるはずがありません。 芸術なのですから・・・。

        だからといって、不可能とあきらめてしまうにはもったいなさすぎます。






               深い深い森の中にこそある神秘なる世界


                   ~ 神秘なる歌を求めて ~  

                   ~ 無限なる声を求めて ~  


                 すこし足を踏み入れてみませんか














スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ruru2008.blog31.fc2.com/tb.php/21-62c3a3dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。